記事内に広告を含みます

【時間を忘れる】川遊びスポット「三波渓谷」をレビューします【空間美の秘境】

三波渓谷の全景

いやきゅー
いやきゅー

埼玉県の有名な川遊びスポット「三波渓谷」をレビューします。

いやきゅーについて

■モットー
休暇を制するサラリーマンは人生を制するをモットーに、明日の仕事の活力のため、「海釣り」「ハイキング」「ソロキャンプ」など自然に癒やされる休日を過ごしています。

■好きな言葉
タモリさんの真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!です。それぐらい休日のレジャーは真剣に取り組んでいますw

■将来の夢
・車中泊で釣り&ハイキングで日本一周!
・海や川が近い山中に居を構え、自給自足の生活を送る!
※趣味もその延長線w

詳しいプロフィールはこちらから。

アウトドア男性
川遊びを安全に楽しむための鉄則

▶ライフジャケットで子どもの命を守る


暑い日が続くと川の死亡事故が毎日のように報じられます。

川は目では見えない深みや急な流れがあるので、特に子どもはライフジャケットの着用は必須です。

 

▶アクアシューズで足裏の怪我を回避する

川底にはゴツゴツした岩や鋭利なガラス片がある場合もあり、大怪我をするリスクも。

アクアシューズを履いてそれらのリスクを回避し、安全に楽しく川遊びを楽しみましょう。

 

▶前日の天気をチェックしよう
出かける2,3日前にその場所や上流付近で強い雨が降っていると川が濁ってたり水流の勢いが強かったりします。

そうなると川遊びどころではありませんので、別の場所も選択肢としてヤフー天気で調査しましょう。

※以前、栃木県大芦川に行ったときにこのような事例がありました💦

 

▶現地のルールを守ろう
火気、テント、バーベキュー禁止、駐車位置など、場所によってルールがあります。必ず守りましょう。

 

▶帰りは来た時よりキレイに
マナーの悪い利用者のために利用禁止になったり、環境整備費の名の元で年々川遊びのための費用が上がっています。ゴミは必ず持ち帰る!一人ひとりが意識しましょう。

 

▶「あっ忘れた…💦」とならないために
川遊びはアイテムが揃って初めて楽しい思い出が作れます。せっかく遠出をして忘れ物をしてしまって悲しい思いをしないように、前日に必要な持ち物を準備しておきましょう。

川遊びや海水浴をするために必要な道具13選

施設概要

住所:〒355-0357 埼玉県比企郡ときがわ町田中

三波渓谷の駐車場
駐車場は60台ぐらいは停められます。料金は2,000円です。
いやきゅー
いやきゅー

年々上がってとうとう2,000円になりました💦

トイレはちょっと離れた所にあります。
三波渓谷の出入り口
入り口は一箇所で駐車場の奥からです
三波渓谷の階段
階段が急なのがキツイ💦手すりに掴まりながら上り下りしましょう。
三波渓谷の階段付近の様子
階段を降りると川遊び場に到着
三波渓谷で遊ぶ人々
大人から子どもまで川遊びを楽しんでいます
三波渓谷で飛び込む直前の子ども
飛び込みスポットもあります。いっくでー!
三波渓谷で飛び込んだ子ども
そりゃ~!

飛び込みができる深場は、子どもは足がつかないのでライフジャケットが必須です。

三波渓谷を見上げた青空
青空が広がる所もありますが全体的に木陰なので涼しい😊
三波渓谷の遠目で見た川面
遠目で見るとエメラルドグリーン
三波渓谷の透き通った流れ
近くでみるとすっきり透明✨
三波渓谷の岩場でテーブルとガスコンロを置く
岩場なのでテーブルとバーナーがあればカップラーメンが作れます。

これら2つがあると海水浴、ハイキング、川遊び、キャンプ等アウトドア全般で活用できます。

三波渓谷で休憩中。ラーメンを食べる。
川辺なので何食べても美味しい!
いやきゅー
いやきゅー

川の水が冷たいので温かいものを食べると元気が出ます。

三波渓谷でノンアル
大人はノンアル✨
三波渓谷で足を浸す
足を浸しながらノンアルも乙なもの🙂
三波渓谷のゴミ捨て禁止看板
三波渓谷の全景
この景色を眺めているだけでも疲れがとれます…
いやきゅー
いやきゅー

大人から子どもまで楽しめて、景観が抜群な三波渓谷。

木々に囲まれてほとんどが木陰なので過ごしやすいです。

料金が高くなってしまったのが気になりますが…

上流部は更に流れが強く深場もあるので上級者向け。スリルも味わえるので泳ぎが得意な方は是非!

行き先に目星がついたら次に考えること

近年、猛暑が続いているので涼を求めて沢山の人が川へ訪れます。

行き先について、ある程度の目星がついたら、次に考えるべき事は川遊びの持ち物。

川遊びは何気にアイテム数が非常に多いです。

現場に着いて、

あっ忘れた!!」、

あるいは、

あったら良かったのに…

となる前に持ち物を確認しておきましょう。

「ちょっと!しっかりしてよお父さん…」

と言われないためにも😅

自然に触れ合う遊びは家族の貴重な思い出に残りますからね。

川遊びや海水浴をするために必要な道具13選

それでは楽しい川遊びライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA