関東一の清流「大芦川」で川遊びをするための「駐車場あり!おすすめスポット」をGoogleMapで紹介するよ!

大芦川

この記事の内容は?

  • 大芦川で駐車場がある川遊びスポットを紹介しています
  • 川遊びで思い出作りをするための道具を紹介しています。

いやきゅーについて
  • 信条
    海、山、川などの自然と触れ合う休日を増やすことで気持ちが前向きになり、家庭、仕事、趣味が好転する。
  • 将来の夢
    アーリーリタイアし、ノートパソコンを片手にネットビジネスをしながら車中泊で日本一周する。そのために毎日朝マックで2時間朝活してますw
アウトドア男性

大芦川ってどんな川?

鹿沼市の西部の山間部から中央部にかけて流れる川です。

  • 関東一の清流と呼ばれるほど透き通った川で、
  • 手つかずの自然が、
  • 疲れたお父さん、お母さんの心を癒し、
  • 子どもの冒険心をかき立ててくれる!

そんな清流です(*´ω`)

f:id:favorite_blue:20210714231031j:plain

こんなきれいな川で

  • 川遊び
  • バーベキュー
  • 川辺でボーっとする

こんなことが出来たら最高ですよね。

でも車が停められないと満喫できません。

この辺りをランニングがてら下調べしましたので報告させていただきます。

グーグルマップで紹介するので、ナビでセットすれば簡単に行けますよ。

注意事項

川遊びを楽しむための鉄則
  • ライフジャケットは必須
    川は目では見えない深みや急な川の流れがあります。年々死亡事故が多発しているためライフジャケットは命を守るために必着です。
  • 前日の天気をチェックしよう
    出かける2,3日前にその場所や上流付近で強い雨が降っていると川が濁ってたり水流の勢いが強かったりします。そうなると川遊びどころではありませんので、別の場所も選択肢として調査しましょう。
  • 現地のルールを守ろう
    火気、テント、バーベキュー禁止、駐車位置など、場所によってルールがあります。必ず守りましょう。
  • 帰りは来た時よりキレイに
    マナーの悪い利用者のために利用禁止になったり、環境整備費の名の元で年々川遊びのための費用が上がっています。ゴミは必ず持ち帰る!一人ひとりが意識しましょう。
  • 「あっ忘れた…💦」とならないために
    川遊びはアイテムが揃って初めて楽しい思い出が作れます。せっかく遠出をして忘れ物をしてしまって悲しい思いをしないように、前日に必要な持ち物を準備しておきましょう。

今、大芦川で起こっていること…

大芦川では必ず守ろう
  • 令和3年から有料、利用不可になっていたりする場合もあります(実際ありました)ので、必ず現地の指示に従ってください。
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう。←ゴミ袋を持参すること!
  • 地元の人にとって迷惑行為が続くと、料金の値上げ、駐車禁止、川遊び禁止措置とかに繋がることも想定されます。
  • なるべく地元でお金を使いましょう。

以下、東から西に向かって解説していきます。 

なお、★の数は主観ですのでご了承ください。

大芦川の川遊びスポット

出会いの森総合公園オートキャンプ場

浅いところもあれば、深い箇所もあって楽しめます。

出会いの森キャンプ場のすぐ横
出会いの森キャンプ場のすぐ横2

ここのキャンプ場の利用者は岸への下り口が近いので、すぐに川遊びできます。

キャンプ場の利用者ではない方は、こちらの駐車場を利用しましょう。

出会いの森の駐車場

岸までの距離が遠いのでワゴンとか持っていくと便利です。

アマゾンのレビュー数と評価が圧倒的なコールマンのワゴンが定番です。

下大久保地区① 駐車スペース8台ぐらい

 ▼こんな感じで8台ぐらい停められます。

f:id:favorite_blue:20210717071352j:plain

 ▼下に降りるときはここから。

f:id:favorite_blue:20210717000901j:plain

▼ちょっと急なので注意が必要です。

f:id:favorite_blue:20210717000913j:plain

▼ここは川原でミニテントを張っている方がたくさんいました。

f:id:favorite_blue:20210717001302j:plain

▼水が透き通っています。

f:id:favorite_blue:20210717001317j:plain

▼シュノーケリングもばっちり。アブラハヤがたくさんいました。

f:id:favorite_blue:20210717001308j:plain

▼深みのある場所もあって飛び込みも楽しめます。

f:id:favorite_blue:20210717001328j:plain

秘境度★★★★

利便性★★★★

透明度★★★

トイレなし

下大久保地区② 広々駐車場スペースあり 

※この場所は令和3年から1台1000円で有料となりました。

①から少し先に行ったところにあります。

▼ここもきれいな場所です

f:id:favorite_blue:20210716185613j:plain

▼駐車スペースがかなり広く取られています。見た感じ40~50台ぐらいでしょうか。

f:id:favorite_blue:20210716185601j:plain

▼下に降りるときは黄色の階段で降りていきます。

f:id:favorite_blue:20210716185610j:plain

秘境度★★★★

利便性★★★★

透明度★★★

 トイレなし

西大芦フォレストビレッジ トイレあり!初めての方はここ! 

▼小学校の跡地が駐車場となっているので非常に広いです。

f:id:favorite_blue:20210716234539j:plain

有料駐車場は1000円で100台ほど停められます。

▼川が真っ直ぐ通っているので見通しが良く、浅瀬が続くので小さな子どもでも楽しめます。

f:id:favorite_blue:20210716234601j:plain

でも、所々で深い箇所もあるので油断は禁物です。

護岸の周りは木陰もあるので休憩するのにも最適です。

トイレもあり設備が整っているのですが、護岸がコンクリートで固められている箇所もところどころで見られるので自然を感じたい方は物足りないかもしれません。

秘境度★★

利便性★★★★★

透明度★★★

 トイレあり

 東大芦川 草久地区 ~駐車場と階段あり~

奥まったところまで行くとこんな素敵な場所もあります。

 ▼こんな感じで4,5台は止められるスペースがあって、下に降りる階段まであります。※ここは道路敷地のため駐禁を切られる可能性があるそうです。

f:id:favorite_blue:20210716174236j:plain

 ▼階段はこんな感じ

f:id:favorite_blue:20210716174203j:plain

▼降りた先はこの透明度
f:id:favorite_blue:20210716174210j:plain

 ▼アウトドアチェアを組み立ててのんびり過ごすのもいいですよね。

f:id:favorite_blue:20210716174431j:plain

このアウトドアチェアは折り畳めてコンパクトになり1kgを切る軽量で、なおかつ安い!レジャーにて大いに活用できます。

▼コーヒーも美味しく感じます

f:id:favorite_blue:20210716174140j:plain

秘境度★★★★★

利便性★★★★

透明度★★★★★

トイレなし

きれいな川辺で飲むコーヒーは気分が上がります…

以下は川遊びをする方に必ず読んでもらいたい…

以上、大芦川の駐車場がある川遊びスポットを紹介させていただきました。

いやきゅー
いやきゅー

清流で家族の素敵な思い出を作りたい…

そんな気持ちでこの記事を見ていた人が多いかと思います。

しかし、近年、軽い気持ちで川遊びをする方が多すぎる。

毎年暑くなると必ず毎日と言っていいほど耳にするのが川遊びの事故。

引用:警察庁生活安全局生活安全企画課
いやきゅー
いやきゅー

川の事故件数がここ数年、上昇傾向です。

毎日ニュースで聞く度に本当に悲しくなります。

川遊びで溺れたか 小学3年生男の子と父親が死亡 栃木 那須塩原

2021年8月21日 23時23分21日午後、栃木県那須塩原市の那珂川で小学3年生の男の子と父親の2人が心肺停止の状態で見つかり、いずれも搬送先の病院で死亡が確認されました。警察は川遊びの途中で溺れたものとみて、詳しい状況を調べています。

引用:NHK

水難事故相次ぐ 埼玉・寄居町で女子高校生がおぼれ意識不明 現場では「毎年誰かしら…」

暑い祝日となった11日、各地で水の事故が相次ぎました。埼玉県の寄居町を流れる荒川では、16歳の女子高校生がおぼれ、意識不明で搬送されました。… (途中省略)

救助を手伝った人「あそこ(おぼれた場所)は、本当に急に深くなるんですね。そこに足が入ってしまうと、そのまま中に入ってしまうので」現場には、「遊泳禁止」と書かれた張り紙がありました。近くにいた人「毎年、誰かしら(事故にあう)。穏やかに見えるけど結構危ない」16歳の女子高校生は、父親と父親の知人、そして、知人の娘と遊びにきていて、父親がバーベキューの準備をしていたところ、少女と知人の娘がおぼれていたことに気がついたということです。

引用:日テレニュース

浅瀬だから大丈夫だろう」と油断した心の空きや、「助けなきゃ」と直ぐさま飛び込んだ結果、必ずと言っていいほど事故が起こります。

溺れている人が居たら、すぐに助けに行こうとはせず、「すぐに助けには行かず水に浮くものを投げる」、あるいは「救助要請」をすることとテレビでは言っていました。

本当にそんな冷静な対応ができるでしょうか?

いやきゅー
いやきゅー

いやいや、もし自分の子どもだったらどんな状況であれ、後先考えず真っ先に助けに行きますよね💦

その結果、助けようとした人も亡くなっていることも多いことも事実です。

どんなに動きづらくても、このような痛ましい事故を防ぐアイテムがライフジャケット

なぜ、あのとき着せていなかったのだろう、持っていなかったのだろう…と起こってからでは遅すぎます。

命を守るためのマストアイテム。

個人的にオススメなのがAQAのライフジャケット。

引用:Amazon

おすすな理由は、股下のところのベルトが2本あることで、もし万が一にもライフジャケットが脱げることがありません。

値段も3,000円程度ですのでお手頃です。

うちの息子はこれを着て川遊びを楽しんでいます。

幼児はコールマンのパドルジャンパーがオススメです。

たかだか3千円程度です。

これから何回も川遊びや海水浴で活用できることを考えると、一回あたり数百円で命の安全が大きく高められるのであれば安い買い物だと思います。

もし持っていないのであれば必ず購入を検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA