トリックエースが売ってなければ自作してしまえ!作り方も紹介するよ【簡単・激安!】

いやきゅー
いやきゅー

このページではトリックエースの自作するために用意するものや、やり方について解説します。

いやきゅーについて
  • 信条
    海、山、川などの自然と触れ合う休日を増やすことで気持ちが前向きになり、家庭、仕事、趣味が好転する。
  • 将来の夢
    アーリーリタイアし、ノートパソコンを片手にネットビジネスをしながら車中泊で日本一周する。そのために毎日朝マックで2時間朝活してますw
アウトドア男性
いやきゅーの釣りの目標
釣果で家族を幸せに!
※食費を浮かせるw
お金を掛けない釣りを!
※小遣いが少ないw
自然に触れて癒やしに!
※現実逃避w

作ろうと思った経緯

エサは釜揚げしらすや生しらすを使い、仕掛けはトリックエースで釣果が継続的に得られていました。

釣り餌「生しらす(シロメ)」の入手や使い方のレポート スーパーで買った釜揚げしらすと○○を使うと生シラスと同等以上の釣りエサとなるよ

トリックエースはダブルフックでエサがかりが抜群ですからね✨

正にトリックエース様々✨

しかしながら、使っているとトリックエースにもいろいろ不満点が出てきます。

トリックエースの不満点

売っていない

キャスティングなど大きな店舗なら売っていますが、そこまで行くガソリン代とか考えると割高になってしまいます。

釣具屋は多々あるけど、店頭に出ているのは稀なんです。

ググると「トリックエース 売っていない」とサジェストされるぐらいです。

絡まりを直すのが大変

トリックエースのモトスが1.5号、エダスが1号数で細いラインのため絡まりを直すのが大変なのです。

袋から開けて新品のトリックエースを取り出し「さあ、やるぞ!」となったときにサッパやサバが掛かり、仕掛けを一撃で絡まされた経験ってありませんか?

尺アジとかなら諦めもつきますがサッパごときに1回でマジやり切れないですよね😅

で、そういう時って時合の時間帯だったりします。

いやきゅー
いやきゅー

時間がもったいねーー💦

と思いつつも、諦めて新品のものを袋から出す悔しさったらありゃしない😅

また、たまに大きめな鯖がヒットするとエダスが伸び切ってしまって耐性が弱くなります。

絡まりやすくて耐性が弱くなりやすい。

まあメーカー側からしたら買い替えのサイクルが早まるので美味しい話ですが😅

トリックエースを自作してみて良かったと思う点

安い

安い

これね。本当にビックリします。

市価の半額以下で作ることができます。

その分手間は掛かりますが😅

意外に簡単

仕掛けを自作するなんてプロの領域のような気がしますが、そんなこと全くありません。

釣を始めて1年半しか経っていない私ですが、簡単に作ることができました。

細かい部分は機械を使ったり参考になるサイトがありますので、それらを活用すれば全然OKです。

すぐ手に入る

自分で作るからそりゃ当たり前ですよね😅

探し回ったり、大手の釣具屋まで行かなくても良くなるのでガソリン代の節約にもなります。

絡まりを直しやすくなる

私の自作のものはエダスが3号、モトスが5号にすることでラインが太くなり絡まりが直しやすくなりました。

モトスは3~5号ぐらいで良いと思います。

タナを幅広く狙える

市販品のものは1.2mですが、自作ならもう少し長く取ることができます。

私は1.8mにして針の間隔を広げていますのでタナを深く狙うことができます。

トリックエースの自作方法

用意するもの

針結び器(ハピソン YH-720 )

同等品でダイワのものもありますが、2012年製造で、こちらのハピソンは2015年。

後発の方が機能が優れているだろうと調べた結果、重量が軽くなってますね。

中華製のパチモノも売っていますが安いだけですぐに壊れてしまうそうです。

正に安物買いの銭失いっすね。

針結び器を使わなくても出来ますが、時間がかかるのと、慣れないうちはクオリティが低くなってしまいます。

針結び器を使うと秒で終わってクオリティが高いものが仕上がります。

3,000円ぐらいで買えますので国産のものを使った方が良いです。

袖針

袖針で4~7号ぐらいがベストです。

単価は1個あたり14円前後です。

メーカーにはこだわらなくても大丈夫。

強力接着剤

結び目に満遍なく塗ることが出来るのでブラシが付きのものが必須です。

このロックタイトの強力瞬間接着剤は本当に優秀で、尺アジクラスのアジでも針が壊れることはありませんでした。

ライン

コスパ良いものを選びましょう。

DUELのこのタイプだと500mもあって500円前後で購入できます。

エダスは3号、幹糸は3~5号あたりが良いです。

スナップサルカン

100個入で600円ぐらい。

1個6円なのでまとめて買ってしまった方がお得です。

作成手順

針結び器で針とラインを結ぶ

作り方はyoutubeでメーカーが解説していますので、こちらを参考にしてください。

ちなみにトリックエースのような2本針の場合は、巻き付けているとき針がズレないように指で抑えたまま(写真の○印)でスイッチを入れる(矢印の方向に引く)とうまくいきます。

▼完成したのがこちら。サビキ針でトリプルフックも可能です。

ダンボールに刺す

針と針の間隔を空けるためにダンボールに刺します。

強力接着剤を塗る

結び目に対して満遍なく塗ります。

モトスに結ぶ

幹糸に下から順番に付けていきます。

この時、エサ付けが簡単にするためにエダスの長さは短めにしましょう。

スナップ付きサルカンを付ける

上と下に取り付けます。

完成!

1.8mと全体が長いです。

全てを写しているので見えにくくてスイマセン💦

まとめ

いかがでしたでしょうか。

針結び器と強力接着剤を使えば強力な仕掛けが高速で出来あがります。

初めて自分で作ったものが上手く釣れるのかどうか不安でしたが、強度もバッチリ!

釣果も問題なしでした!!😄

全て自作トリックエースの釣果です

手間が掛かりますが慣れれば簡単にできますし、トリックエースを買うより断然安いのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA